読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ戦略と今後の展望について考えてみる。

以前記事でこのブログを始めた経緯をお伝えしましたが、今回はブログにおける戦略と今後の展望について考えてみたいと思います。

 

戦略

[中長期]

 

目指すゴール

広島にITを中心とした多様なベンチャー企業が形成され、また広島以外の地方にもこのような循環が生成される 

自らの取る選択

広島を拠点としたデザイン会社の設立

→ITを中心手段としたデザイン事業(HP、webサービスの受託開発をフロントエンドとし、企業ブランディングや事業コンサルティングをバックエンドに据える)

 

[短期] 

 

 目指すゴール

「広島ひいては地方を舞台に、何か面白いことを企んでいる人」という自己ブランディングの形成

自らの取る選択

 ブログを中心とした情報発信

 

 [ブログ]

 

バリュー

・広島や地方創生に関する情報のキュレーション、またホットな情報に対する解説

・きむとしてのオピニオン(きむ独自の視点)

→きむのブランディングが形成されるまでは、キュレーション・解説を中心に発信していく

ペルソナ設定

氏名:小林直哉

年齢:26歳

性別:男性

配偶:独身

出身:広島県広島市

経歴:広島市内の進学高校を卒業。都内の大学に進学した後、都内の大手企業に勤務。

特徴:東京での生活に充実感を感じるが、自分が東京に染まってしまうことにどこか違和感を覚えている。

ラベル:長男、家族好き、カープファン

小林直哉の1日 

 →要検討

KPI

→要検討

リーチの手法

SNS、検索ワード流入、はてな独自のシステム

 →要検討

  

今後の展望

ブログのリニューアル

イエローを基調としたよりシンプルなデザインへと変更することで、読者にとってより快適な読む体験を提供する

読者を集めたオフライン交流会の開催

 いずれ地元に帰ろうと考えている関西在住の地方出身読者を集め、できれば年内に一度開催したい

読者が繋がり合えるプラットフォームサービスの提供

ブログという枠を超えて、地方出身者が交流し合えるプラットフォームを提供することにより、地元に帰りたいという潜在需要を顕在化し、またユーザー同士の繋がりを最大化する

 

最後に

ブログのターゲット読者、そのターゲットに対するリーチ戦術、またブログにおけるKPI設定については、今後できるだけ早急かつ定量的な調査をもとに割り出していきたいと思います。