ブログのロゴを作ってみました。

せっかくなので、簡単にですがブログのロゴを制作してみました。

 

f:id:shinogKim:20161023220919p:plain

 

コンセプトはブログのタイトルにもあるように、『広島の未来』。

 広島の「広」を簡略化した形で表現してみました。

色にイエローを用いたのは、個人的に好きな色であるいうこともありますが、イエローから連想される光、ひいては未来というイメージを印象付けるためです。

 

現在の広島県のロゴは以下なのですが、広島に関連するイラストを探しているうちに興味深いロゴを発見しました。

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/img/top_logo.gif

 

そのロゴがこちらです。掲載している記事によると、これは1896年における広島県のロゴだそうです。 

http://www.logodesignlove.com/images/country/flag-of-hiroshima.jpg 

 

1896年前後は、まさに日本における激動の時代。明治維新という、これからの未来を切り拓いていくための日本の変革期も終わり、いよいよ日本が世界と本格的に闘っていく時代です。実際この8年後に、皆さんもよくご存知の日露戦争が勃発します。

 

明治維新や富国強兵政策という、これからの未来を創り上げていく土台作りがあったからこそ、今の日本があると言っても過言ではないでしょう。

 

 

今から約50年後、少子高齢化社会により日本の人口が1億人を大幅に切ることは周知だと思います。そしてそれ以上に問題なのが、高齢者(65歳以上の方)の割合は現在より13ポイント上がり、2.5人に1人が高齢者となる時代がほぼ確実に訪れるのです。

 

日本や世界としても、人口が増加することによる弊害や問題についての知見はありますが、過去にこのようなケースの人口減少を経験したことがそもそもないため、手探りの状態で打開策を練っていく他ないそうです。

そういったことを冷静に考えてみると、1986年と同様に現代においても、日本ひいては世界にとって今後の未来を占う重要な時代であることが言えるでしょう。

 

前置きが長くなりましたが、時代は違うと言えど、これからの未来を切り拓いていく上で重要な立ち位置にいることが共通しているこのロゴを、現代に組み込む形で融合させてみました。